スポーツ中継 野球

DAZNでプロ野球中継を見る方法2020年版【無料あり】

DAZNでプロ野球中継を見る方法2020年版【無料あり】

悩む人
DAZNでプロ野球中継を見る方法が知りたい

 

DAZNでプロ野球中継を見るには、DAZN1か月無料体験に登録することから始めましょう。

 

DAZNの登録に必要なものは

  • メールアドレス
  • パスワード(任意に設定する)
  • クレジットカード番号

 

これだけ用意しておけばDAZNでプロ野球中継は3分後には見られます。

 

ドコモユーザーならDAZN for docomoが月額980円とお得です。

 

悩む人
DAZNでプロ野球の中継はどれだけ見れるの?

 

DAZNではプロ野球中継が広島主催ゲーム以外全てが見れます。

 

日本シリーズなど一部れ見ない試合もありますが、ほぼ全部見れます。

 

一時期、巨人戦、ヤクルト戦が見れないことありましたが、2020年は見れます。

 

この記事ではDAZNでプロ野球中継を見る方法と、どこまで見れるのかについても紹介していきます。

 

本記事の内容

  • DAZNでプロ野球中継を見る方法【無料あり】
  • DAZNのプロ野球中継で見れない試合とは
  • DAZNのプロ野球中継メリット・デメリット
  • DAZNのプロ野球中継をスカパー!プロ野球セットと比較
  • DAZNの解約方法

 

▼1か月無料今すぐ見れます▼

DAZN無料体験はコチラ

 

▼1か月無料ドコモユーザーはお得▼

DAZNfor docomo無料体験

 

DAZNでプロ野球中継を見る方法【無料あり】

DAZNでプロ野球中継を見る方法【無料あり】

DAZNでプロ野球中継を見る方法はDAZN無料体験の登録から始めます。

 

無料体験の手順は以下の通り。

 

  1. DAZNの無料体験に申込みます。
  2. 必要なもの:名前・メールアドレス・クレジットカード
  3. 登録後すぐに視聴可能
  4. 1か月以内ならいつ解約しても無料
  5. 継続する場合は月額1750円(いつでも解約OK)

 

>>DAZN公式サイトへ

 

DAZNでプロ野球中継を見る手順①
DAZN公式サイトにアクセス

DAZN公式サイトにアクセスします。

 

「まずは1か月お試し0¥」をタップします。

 

DAZNでヤクルト戦を見る手順① DAZN公式サイトにアクセス

 

>>DAZN公式サイトへ

 

DAZNでプロ野球中継を見る手順②
支払い方法を選択

DAZNの支払い方法を選択します。

クレジットカード払いと携帯キャリア決済が選択できます。

 

DAZNでヤクルト戦を見る手順② 支払い方法を選択

 

DAZNでプロ野球中継を見る手順③
アカウントの作成

DAZNを見るためのアカウントを作成します。

 

必要な情報は

  • 名前
  • メールアドレス
  • パスワード(任意に作成又は自動作成)

 

DAZNでヤクルト戦を見る手順③ アカウントの作成

 

DAZNでプロ野球中継を見る手順④
クレジットカード情報の登録

DAZNは無料体験でもクレジットカードか、携帯キャリア決済の登録は必要ですので、登録します。

DAZNでヤクルト戦を見る手順④ クレジットカード情報の登録

 

DAZNでプロ野球中継を見る手順⑤
アプリを開く

登録が完了すると以下のような画面が表示されます。

 

 

DAZN登録完了

 

「視聴を開始」のボタンをタップすると、スマホなら、アプリを入手するように表示されます。

 

DAZNの視聴開始

 

アプリをダウンロードして、登録したメールアドレスとパスワードでログインすれば、DAZNは視聴可能になります。

 

DAZNのプロ野球中継をテレビで見たい時

DAZNのプロ野球中継をテレビで見たい時はFire TV Stickがあれば簡単につなぐことができます。

 

詳しくは以下の記事で紹介していますのでご参考に▼

DAZN(ダゾーン)をFire Tv Stickでテレビに映す方法

続きを見る

 

▼1か月無料今すぐ見れます▼

DAZN無料体験はコチラ

 

▼1か月無料ドコモユーザーはお得▼

DAZNfor docomo無料体験

 

DAZNのプロ野球中継で見れない試合とは

DAZNのプロ野球中継で見れない試合とは

DAZNのプロ野球中継で見れる試合、見れない試合をまとめてみました。

オープン戦・練習試合
リーグ戦 〇(広島主催ゲームのみ✖)
交流戦 〇(2020年は開催なし)
オールスター
クライマックスシリーズ
日本シリーズ

 

DAZNのプロ野球中継で見れない試合は、

  • リーグ戦なら広島主催ゲーム(つまりマツダスタジアムで行われる試合)
  • オールスター戦(2020年は開催なし)
  • 日本シリーズ

 

上記の通りで、2020年に行われるプロ野球の試合の合計1447試合のうち、60試合の広島戦と日本シリーズ7試合だけが見れないですが、1387試合が見れるという事になります。

 

日本シリーズはテレビ地上波で生中継されますので、DAZNでプロ野球中継が広島主催ゲーム以外はほぼ全部見れる感じになります。

 

詳しいプロ野球の日程はNPB公式サイトでご確認ください。

 

 

▼1か月無料今すぐ見れます▼

DAZN無料体験はコチラ

 

▼1か月無料ドコモユーザーはお得▼

DAZNfor docomo無料体験

 

DAZNのプロ野球中継メリット・デメリット

DAZNのプロ野球中継メリット・デメリット

DAZNのプロ野球中継メリット・デメリットをまとめてみました。

 

DAZNのプロ野球中継メリット

DAZNでプロ野球中継をみると以下のようなメリットがあります。

 

  • 見逃し配信が中継終了後すぐに見れる。
  • ハイライト機能で注目の場面だけを見る事ができる
  • 生放送中でも巻き戻し、早送りで追っかけ再生も可能
  • 同時に2つの端末で視聴可能

 

見逃し配信が中継終了後すぐに見れる

プロ野球中継を見逃しても、中継終了後からすぐに見逃し配信が始まります。

 

仕事や用事で見られなかった時、録画しなくてもいつでも見直せます。

 

話題になったシーンもいつでも見直す事が可能です。

 

ハイライト機能

DAZNにはハイライト機能と言うものがあり、注目の場面だけを編集して集めたものを番組終了後、数時間程度で公開されます。

 

1試合を2分~3分のダイジェストにしてあります。ちょうどプロ野球ニースのような感じです。

 

昨夜のナイター見れなかったけど、ダイジェストだけ通勤時に見たいという時などすごく便利です。

 

生放送中でも巻き戻し、早送りで追っかけ再生も可能

僕が一番便利に使っているのがこの機能です。

 

生放送中でも、自由に巻き戻して最初から見ることも出来ますし、気になるプレーがあれば、中継のスロー再生を待たずに自分でまき戻してみる事ができます。

 

この機能使いだしたらもう普通のテレビ中継で見れなくなるほど便利ですよ。

同時に2つの端末で視聴可能

DAZNは同時にに2つの端末で視聴することができます。

 

例えば、お父さんが仕事帰りにスマホでヤクルト戦を見ている時に、家族が自宅のテレビででヤクルト戦をみるという事もできます。

 

また、お父さんはプロ野球中継、息子たちはサッカーの試合といった別々の番組も同時に見る事ができます。

 

チャンネル争いに一役買ってくれます。

 

DAZNのプロ野球中継のデメリット

DAZNのプロ野球中継にはぶっちゃけのデメリットもありますので、紹介します。

  • 遅延がある
  • たまに画質が悪くなる
  • イニングの合間が長く感じる

 

遅延がある

DAZNのプロ野球中継はネット配信なので、数秒の遅延はありますが、阪神戦だけ遅延が数分もあるとの声があります。

 

スマホアプリで速報がプッシュ通知されると、DAZNで見ている打者の結果が先に分かってしまうなんて事も。

 

 

僕が普段見ている環境では、ネタバレになるほど遅延という事はないのですが、一応最悪数分程度の遅延もありうると知っておきましょう。

たまに画質が悪くなる

DAZNのプロ野球中継はネット配信なので、回線状況が悪かったり、アクセスが集中し過ぎると自然と画質が落ちます。

 

WiFi環境ではほぼ気にならないのですが、外出先では時々あります。

 

自宅のテレビでDAZNをWiFi接続で見ている時はほぼ気にならないかなと思います。

 

イニングの合間が長く感じる

プロ野球中継はほとんどの人がテレビ地上波の放送になれてしまっているので、DAZNでプロ野球中継を見るとCMが入らないので、イニングの合間がやけに長く感じます。

 

これ、僕が初めてDAZNでプロ野球中継を見た時に感じた事です。

 

インイングの合間はリプレーがあったり、ベンチの様子が映ったりしていますが、長く感じてしまいます。

 

慣れの問題だと思いますが。

 

DAZNのプロ野球中継をスカパー!プロ野球セットと比較

DAZNのプロ野球中継メリット・デメリット

DAZNのプロ野球中継をスカパー!プロ野球セットと比較してみます。

 

DAZN スカパープロ野球セット
リーグ戦 〇(広島主催ゲームは除く) 〇(全試合)
クライマックスシリーズ
日本シリーズ
月額料金 1750円 3685円
無料体験 1か月・解約いつでもOK 1か月目無料・解約は2か月目以降
見逃し配信・ハイライト オンデマンドのみ

 

スカパー!プロ野球セットの魅力はプロ親球全試合の中継が見れることです。

 

それ以外はDAZNの方が全て勝っている感じです。

 

コスパ、無料体験、見逃し配信、ハイライト機能などでは圧倒してるかんじですね。

 

▼1か月無料今すぐ見れます▼

DAZN無料体験はコチラ

 

▼1か月無料ドコモユーザーはお得▼

DAZNfor docomo無料体験

 

DAZNの解約方法

DAZNの解約方法を最後に紹介します。

 

無料体験だと誘っておいて解約できないなんて事になりたくないので解約方法をまとめました。

 

DAZNの解約は僅かに1分で完了します。

 

1.アプリ、ウェブサイトでメニューボタンをタップします。

「マイアカウント」ボタンが現れますのでタップ。

 

DAZNの解約方法

 

2.マイアカウントへメールアドレスパスワードでログインします。

「退会する」ボタンが現れますのでタップすれば解約完了になります。

 

DAZNの解約方法

 

解約画面に無料体験の終了日が明示されていますので、確認することも出来ます。

 

無料体験だけで解約したい方は、早めに解約をおすすめします。

 

アカウントのマイページへの反映には2時間程度かかります。

 

DAZNでプロ野球中継を見る方法2020年版【無料あり】まとめ

DAZNでプロ野球中継を見る方法2020年版【無料あり】まとめ

DAZNでプロ野球中継を見る方法を紹介してきました。

 

おさらいです。

 

DAZNでプロ野球中継を見るには、DAZN1か月無料体験に登録することから始めましょう。

 

DAZNの登録に必要なものは

  • メールアドレス
  • パスワード(任意に設定する)
  • クレジットカード番号

 

これだけ用意しておけばDAZNでプロ野球中継は3分後には見られます。

 

ドコモユーザーならDAZN for docomoが月額980円とお得です。

 

DAZNのプロ野球中継で見れない試合は、

  • リーグ戦なら広島主催ゲーム(つまりマツダスタジアムで行われる試合)
  • オールスター戦(2020年は開催なし)
  • 日本シリーズ

 

上記の通りで、2020年に行われるプロ野球の試合の合計1447試合のうち、60試合の広島戦と日本シリーズ7試合だけが見れないですが、1387試合が見れるという事になります。

 

コスパ最高で無料体験付きですので、ぜひお試ししてみてください。

 

▼1か月無料今すぐ見れます▼

DAZN無料体験はコチラ

 

▼1か月無料ドコモユーザーはお得▼

DAZNfor docomo無料体験

 

-スポーツ中継, 野球
-

© 2020 yumenoblog Powered by AFFINGER5