おすすめ映画 国内映画

【Fukushima 50】映画が見れる動画配信サービス【無料体験あり】

悩む人
映画fukushima50が見たい。

映画館は休館しているし動画配信サービスで見れないの?

まだ上映中だったから無理だよね?

 

そんな要望に答えます。

 

fukushima50は公開中のまま新型コロナで映画館には行けなくなったまま見ていない人が多いと思います。

4月7日(火)に新型コロナウイルス感染症対策本部にて政府より発令された緊急事態宣言に伴い、お客様への感染拡大防止の観点と、是非見たい、という数多くのお声にお応えすべく、期間限定で本作を有料ストリーミング配信することを決定致しました。(KADOKAWA)

出典:TSUTAYA TV 

 

まだ公開中だったFukushima50がなんと動画配信サービスに登場しています。

 

自粛中は自宅で映画でも見ませんか?

 

本時事を参考にしていただければ、映画Fukushima50が見れる動画配信サービスが分かりますし、一番安く見れるのはどこかも知ることができます。

本記事の内容

  • Fukushima50が見れる動画配信サービス
  • Fukushima50見るための金額は?
  • Fukushima50が一番安く見れる動画配信サービス
  • Fukushima50のあらすじ・みどころ
  • Fukushima50を見た人の感想

本記事の信頼性

僕は自宅のテレビでFukushima50をすでに視聴しました。(動画配信サービスにて)

今すぐ見るなら

>>U-NEXTを無料体験へ

 

Fukushima50が見れる動画配信サービス

※出典U-NEXT公式サイト

Fukushima50は福島第一原発の事故で起こった、知られざる作業員たちの実話をもとに製作された話題作です。

 

公開された直後から話題になりましたが、公開すぐ新型コロナで劇場も封鎖され見れなくなってしまいました。

 

見たいと思っていた人も多いはず。

 

動画配信サービス各社では4月中旬よりFukushima50の配信を始めました。

 

Fukushima50が見れるおすすめの動画配信サービスは以下の通りです。

配信サービス 見放題作品数 月額料金 Fukushima50 ポイント
dTV 120,000本 550円税込み
Amazonプライムビデオ 8,000本 500円税込み
FODプレミアム 40,000本 978円税込み 1200p
Hulu(フールー) 60,000本 1,026円税込み
U-NEXT 140,000本 2,189円税込み 1200p
TSUTAYA TV 10,000本 2658円税込み 1100p
KADOKAWA公式サイト

 

Fukushima50見るための金額は?

出典:U-NEXT公式サイト

Fukushima50は劇場公開途中という事もあり配信は期間限定です。

ほとんどの動画配信サービスで2020年5月6日までとなっています。

 

Fukushima50見るための金額はどこでも同じで1900円となります。

 

映画館で見るのと同じ価格になっています。

ただ、動画配信サービスなら家族でみても1900円なので人数多いほど割安にはなります。

 

Fukushima50が一番安く見れる動画配信サービス

Fukushima50見るためには1900円が必要ですが、動画配信サービスではポイントのサービスがあるところがあります。

 

このポイントを利用すれば、さらに割安で見る事が可能になります。

このポイントを上手く利用したら、格安で見る事ができます。

 

悩む人
動画配信サービスって月額料金も必要では?

 

大丈夫です。

 

動画配信サービスには1か月程度の無料体験があります。

 

Fukushima50を動画配信サービスのポイントと無料体験を利用してよりお得に見る事ができます。

 

Fukushima50を動画配信サービスで見る手順

①動画配信サービスの無料体験に登録

おすすめはU-NEXTTSUTAYA TVです。

 

②ポイントを受け取り利用して視聴する。

U-NEXTならポイント600円分利用で実質1300円で見れます。

 

TSUTAYA TVならポイント1100円分利用で実質800円で見れます。

 

 

一見、TSUTAYA TVの方がお得に見えますが、U-NEXTはさらにポイント還元40%バックがあるので520p戻ります。

 

結果、実質780円という最安値になります。

U-NEXT公式サイトより

 

※商品の決済時、および32日後に月額プラン会員であることがポイントバックの条件です。

 

僕個人的にはU-NEXTがおすすめです。

なんといっても、見放題作品数が圧倒的なので、Fukushima50を見た後もたっぷり映画三昧の日々を過ごせますよ!

\今なら1か月無料体験が可能/
U-NEXTを無料体験する

Fukushima50のあらすじ・みどころ

Fukushima50については知らない方も多いと思いますのであらすじ・見どころを紹介します。

4月7日(火)に新型コロナウイルス感染症対策本部にて政府より発令された緊急事態宣言に伴い、お客様への感染拡大防止の観点と、是非見たい、という数多くのお声にお応えすべく、期間限定で本作を有料ストリーミング配信することを決定致しました。(KADOKAWA)

 

あの日、原発内に残り戦い続けた50人の作業員たちを、世界は“Fukushima 50(フクシマフィフティ)”と呼んだ。2011年3月11日午後2時46分。マグニチュード9.0、最大震度7という日本の観測史上最大の東日本大震災が発生した。

 

太平洋から到達した想定外の大津波は福島第一原発(イチエフ)を襲う。内部に残り戦い続けたのは地元出身の作業員たち。外部と遮断されたイチエフ内では制御不能となった原発の暴走を止めるため、いまだ人類が経験したことのない世界初となる作戦が準備されていた。

 

それは人の手でやるしかない命がけの作業。同じころ、官邸内では東日本壊滅のシミュレーションが行われていた。彼らは言った。 「これが自分たちの仕事だ」-米CBS NEWS 「原発内で、顔も名前もわからない50人の作業員Fukushima50が戦っている。

 

彼らが最後の砦だ」-米The New York Times 福島第一原発を放棄した場合、被害範囲は東京を含む半径250km。避難対象人口は約5,000万人。それは東日本壊滅を意味していた―

出典:TSUTAYA TV公式サイト

Fukushima50を見た人の感想

早速Fukushima50を見た人の感想がSNSで話題になっていますので拾ってみました。

あの時勇気を出して戦ってくれた人々に涙します。震災を忘れないためにもぜひ見ておきたい映画ですね。

今のコロナの対応とかぶるものあったりします。

まとめ

Fukushima50の映画を見る事ができる動画配信サービスを紹介していきました。

 

おすすめ動画配信サービスは以下の通り

AmazonプライムビデオKADOKAWA公式サイトはポイントなし

 

U-NEXTは無料体験中で600p、正会員なら1200pが毎月付与

 

TSUTAYA TVは無料期間、正会員ともに1100pが毎月付与

 

なかでもイチオシは他の映画見放題が圧倒的なU-NEXTです。

 

ぜひ無料体験で見てみましょう!

\今なら1か月無料体験が可能/
U-NEXTを無料体験する

人気記事

【2020年版】動画配信サービスおすすめ5選!【目的別選び方】

-おすすめ映画, 国内映画

© 2020 yumenoblog Powered by AFFINGER5