動画配信サービス dTV

dTVの解約方法が2分でわかる!【失敗して損しないために】

悩む人
dTVの解約方法が知りたい。

dTVはいつ解約するのがお得?

解約後はどうなる?

 

こんな疑問に答えます。

 

本記事はこんな方におすすめです。

  • dTVを無料お試し期間中に解約したい。
  • dTVを有料で見ていたけど気に入らないので解約したい。
  • dTVを無料お試しする前に解約方法を確認しておきたい。

 

dTVの解約には4つの方法があります。

  • パソコンからdTVを解約
  • スマホからdTVを解約
  • 電話でdTVを解約
  • ドコモショップで解約(ドコモ回線の方)

SNSでもdTVの解約に苦戦している投稿が意外と多いです。

本記事を参考にしていただければ、dTVの解約方法が2分で理解できます。覚えておきたい損しないための方法も紹介します。

 

本記事の内容

  • dTVの解約方法は4つある
  • dTVとdTVチャンネルは別物!解約注意
  • dTVの解約の手順
  • dTVをお得に解約する方法
  • dTVの解約した人におすすめ動画配信サービス
  • dTVの解約方法まとめ

関連記事

dTVのメリット・デメリット!無料体験と解約方法も解説【2020年版】

【すぐ出来る】dTVをテレビで見る3つの方法【初心者でも超簡単】

dTVの月額料金はたったの500円!【初心者に分かりやすく解説】

dTVの解約方法は4つある

dTVの解約には4つの方法があります。

  • パソコンからdTVを解約
  • スマホからdTVを解約
  • 電話でdTVを解約(ドコモ回線の方)
  • ドコモショップで解約(ドコモ回線の方)

解約方法の選択肢が4つあるという事を知っておくだけでも、解約が上手くいかないで困ったt気に役立つはずです。

 

どれかで試してうまっくいかなければ、別の方法を試すといった事ができます。

最終手段は電話がオススメかもしれません。(ドコモ回線の方のみ)

 

それでも、念には念を入れて解約出来ているかを確認するなら、dTVのカスタマーセンターに問い合わせてみましょう。

dTVの解約の手順

dTVの解約手順について4つの方法を順に掘り下げて説明していきます。

パソコンからdTVを解約する手順

  1. chromeやインターネットエクスプローラーからdTVページにアクセス。
  2. dTVを契約しているアカウントでログインする。
  3. dTVホームのメニュー「アカウント」より「解約」を選択する
  4. dTV会員解約の画面を下へスクロールし、「利用規約に同意し、解約手続きに進む」を選択
  5. 「dアカウント」のログイン画面が表示されたら、dTVにご契約されている「dアカウント」「パスワード」をご入力の上ログインして手続きを進める
  6. 「My docomo」のご案内に沿って、解約手続きを完了する

上記の手順で解約は完了します。

※スマホからでもchromeやサファリなどからウェブ上からdTVのページへアクセスすれば上記手順で解約が可能です。

 

スマホからdTVを解約

スマホからの解約方法は2つあります。

  • アプリから解約
  • スマホのウェブ上から解約

アプリからの解約手順

  1. dTVアプリを立ち上げる
  2. アプリへログイン
  3. dTVアプリのフッターメニュー「その他」→「アカウント」→「解約」を選択
  4. dTV会員解約の画面を下へスクロールし、「利用規約に同意し、解約手続きに進む」を選択
  5. 「dアカウント」のログイン画面が表示されたら、dTVにご契約されている「dアカウント」「パスワード」をご入力の上ログインして手続きを進める
  6. 「My docomo」の案内に沿って、解約手続きを完了する

※アプリから解約できるのはAndroidのみです。iphoneはアプリから解約出来ません。

 

ウェブからの解約手順

  1. chromeやサファリからdTVページにアクセス。
  2. dTVを契約しているアカウントでログインする。
  3. dTVホームのメニュー「アカウント」より「解約」を選択する
  4. dTV会員解約の画面を下へスクロールし、「利用規約に同意し、解約手続きに進む」を選択
  5. 「dアカウント」のログイン画面が表示されたら、dTVにご契約されている「dアカウント」「パスワード」をご入力の上ログインして手続きを進める
  6. 「My docomo」のご案内に沿って、解約手続きを完了する

上記方法で簡単に解約は可能になります。

電話からdTVを解約する手順

ドコモ回線の方限定ですが電話からでも解約が可能です。

以下の番号に電話して解約を伝えるだけです。

  • ドコモインフォメーションセンター:(ドコモ回線から)151
  • ドコモインフォメーションセンター:(一般電話から)0120-800-000

※年中無休(午前9時~午後8時)

事前に用意しておくもの

  • 携帯電話番号
  • dアカウントID
  • パスワードまたはネットワーク暗証番号

電話から解約する場合込み合っていてつながるのにかなり時間がかかることがありますので、時間に余裕がある時にしましょう。

仕事の昼休みなどにすると、休憩時間をオーバーする可能性大です。

ドコモショップで解約(ドコモ回線の方)

ドコモ回線の方はドコモショップに行って解約する事が可能です。

ドコモショップは混雑で待ち時間が長いのであまりおすすめしませんが、より確実に解約するならショップは安心ですね。

 

事前に用意しておくもの

  • 携帯電話番号
  • dアカウントID
  • パスワードまたはネットワーク暗証番号

 

dTVとdTVチャンネルは別物!解約注意

dTVを解約しようとウェブからアクセスすると「契約されていません」と言う事態に陥った方のツイートがありました。

dTVとdTVチャンネルは完全別サービスなので一応知っておくべきです。

逆にdTV無料体験を申し込んだのに、dTVチャンネルだったという事もあり得ます。

これが解約時のトラブルのもとになります。

 

くれぐれもdTV無料体験には気を付けたいものです。

 

\今なら1か月無料体験が可能/

>>dTV無料体験はコチラ
 

 

dTVをお得に解約する方法

dTVを解約する前に最大限お得に利用する方法を知っておきましょう。

dTVの課金は毎月1日から末日で1か月分として請求されます。

 

例えば、、、

15日に解約しても1か月分は丸々請求されます。

末日に解約するほうがお得になります。

 

これだけは理解しておいて損はないですよ。

※2020年4月現在、毎週火曜 午後10時30分~(翌日)午前7時はシステムメンテナンスが入るため解約できないとの情報があります。

月末が上記に当てはまる人は注意が必要です。

 

※解約後はすべての動画が見られなくなります。

dTVの解約した人におすすめ動画配信サービス

dTVを解約する人の多数が見たいコンテンツがないという事があります。

dTV以外におすすめの動画配信サービスをまとめてみました。

U-NEXT 作品数No.1 何でもありの手厚いサービス

迷ったらU-NEXTを選んでおいて後悔はないです。

 

月額料金は高めですが、動画の数の多さ、配信の速さ、雑誌や漫画が読めるなど総合的に楽しめるのがメリットです。

 

1契約で4台同時に視聴できるので家族4人で利用すれば実質1人500円となりお得です。

U-NEXTのメリット

  • 自宅のテレビ、スマホ、PCなどで動画が見られる
  • 1契約で4台まで同時視聴可
  • 140,000本以上が見放題(2020年1月末時点)
  • 動画だけでなく、電子書籍も1つのアプリで楽しめる
  • マンガ、ラノベ、書籍、雑誌など豊富なラインナップ。
  • 毎月1,200円分のポイントが貰える

U-NEXTのデメリット

月額料金は業界最高値1,990円である事に尽きます。

 

それ以外はデメリットは見当たらないです。

U-NEXTはこんな人におすすめ

  • いち早く最新映画を見たい
  • 家族で同時視聴したい
  • 漫画や雑誌も読みたい

この条件に当てはまれば、U-NEXTを選択することおすすめします。

 

U-NEXTでは映画館での上映終了直後から配信されることも多く、時には上映中の映画も配信される事あります。

 

選んでおいて損はない動画配信サービスと言えます。

関連記事

U-NEXT【ユーネクスト】のメリット・デメリットはコレ【評判あり】

\今なら1か月無料体験が可能/

U-NEXTを無料体験する

Hulu 追加課金不要 日テレ系が好きならおすすめ

Huluはアメリカ発祥の動画配信サービスで、近年日本テレビが国内事業を買収していますので、日テレ系のドラマやアニメの配信に圧倒的に強いです。

 

多くの動画配信サービスが追加課金をしないと見れない動画が多い中、Huluは月額933円の定額料金のみという分かりやすい料金体系なので、無駄遣いをしなくて済みます。

Huluのメリット

  • 自宅のテレビ、スマホ、PCなどで動画が見られる
  • 60,000本以上の動画が見放題
  • 追加課金がない料金体系
  • 海外ドラマが豊富
  • 日テレ系ドラマやアニメが独占配信

Huluのデメリット

  • 複数端末で同時視聴不可
  • 漫画や雑誌は見れない
  • 作品数が少なめ

Huluはこんな人におすすめ

  • 日テレ系の見逃し配信が見たい
  • 追加課金をしたくない
  • 海外ドラマが好きだ

上記に当てはまる人はHuluがオススメ。特に日テレ系の見逃し配信は他では見れませんのでHulu1択となります。

関連記事

Hulu(フールー)のメリット・デメリットを口コミ解説【無料体験あり】

 

\今なら14日間無料体験が可能/

Huluを無料体験する

Amazonプライムビデオ プライム会員なら無料で利用可能 コスパ優先なら最安値で

Amazonプライムビデオはその名の通りAmazonが運営している動画配信サービスです。

AmazonプライムビデオはAmazonプライム会員であれば無料で利用できます。

 

Amazonプライム会員の方、まさか利用してない事ないですよね!会員なら今すぐ見てみましょう!

Amazonプライムビデオのメリット

  • 月額料金が最安の455円(税抜き)
  • Amazonプライム会員なら無料で利用可
  • 独占作品もある
  • 1契約で家族中使える
  • 3台同時視聴可能
  • ビデオ以外の特典が豊富すぎる
  • kindle読み放題が利用できる

Amazonプライムビデオのデメリット

  • 見放題コンテンツ数が最小の8,000本
  • 追加課金が必要な作品が多い

Amazonプライムビデオはこんな人におすすめ

  • Amazonプライム会員の方
  • kindle読み放題を利用したい
  • Amazonで良く買い物する
  • 格安でAmazon全般のサービスを利用したい

AmazonプライムビデオはAmazonプライム会員なら無料で利用できるので会員の方は使ってみっましょう。

 

Amazonプライム会員になると、kindleの読み放題やプライムミュージックの聴き放題、お買い物でのお急ぎ便無料など、Amazon全般のサービスが付いてきます。

 

このメリットは使わないと損ですよ!

関連記事

Amazonプライムビデオのメリット・デメリット!テレビに映す方法

 

\今なら30日の無料体験が可能/

Amazonプライムビデオ無料体験

FOD フジ系列見るならイチオシ!漫画も読める

FODはフジテレビが運営する動画配信サービスですので、なんといってもフジテレビ系のドラマやバラエティーが豊富です。

 

月額料金は888円ながら、映画やドラマ、アニメの動画に加え、漫画も読むことができます。

FODのメリット

  • 月額料金が888円と安め
  • フジテレビの動画が豊富
  • 漫画が読める
  • 現在放送中のタイトルも視聴できる
  • 5,000本以上の独占動画あり

FODのデメリット

  • 複数端末で同時視聴できない
  • ダウンロード機能なし

FODはダウンロード機能がないのがネックですね。

スマホで外出先で動画を楽しみたいときパケット容量や電波状態が不安要素になります。

FODはこんな人におすすめ

  • フジテレビの見逃し配信が見たい
  • 漫画を読みたい

上記に当てはまる人はFODがオススメですし、フジテレビ系はFOD独占ですので選択肢はココだけです。

 

関連記事

FODプレミアムのメリット・デメリット【評判あり】【フジテレビオンデマンド】

 

\今なら1か月無料体験が可能/

FOD【フジテレビオンデマンド】を無料でお試しする

 

 

dTVの解約方法まとめ

dTVの解約には4つの方法がある事を知っておきましょう。

  • パソコンからdTVを解約
  • スマホからdTVを解約
  • 電話でdTVを解約(ドコモ回線の方)
  • ドコモショップで解約(ドコモ回線の方)

解約方法の選択肢が4つあるという事を知っておくだけでも、解約が上手くいかないで困ったt気に役立つはずです。

 

どれかで試してうまっくいかなければ、別の方法を試すといった事ができます。

それでも、念には念を入れて解約出来ているかを確認するなら、dTVのカスタマーセンターに問い合わせてみましょう。

 

dTVの解約にトラブルが多い原因としてdTVとdTVチャンネルという別サービスが存在している事もあります。

dTVとdTVチャンネル完全別サービスなので知っておくべきです。

逆にdTV無料体験を申し込んだのに、dTVチャンネルだったという事もあり得ます。

 

正しい知識さえ持っておけばdTVの解約は難しいものではありませんし、これから始める方は無料体験してみましょう!

\今なら1か月無料体験が可能/

>>dTV無料体験はコチラ
 

人気記事

【2020年版】動画配信サービスおすすめ5選!【目的別選び方】

-動画配信サービス, dTV
-

© 2020 yumenoblog Powered by AFFINGER5